トップページに戻る
解熱鎮痛薬
解熱鎮痛薬

解熱鎮痛薬とは?

頭痛や発熱などの痛みの原因となっている病気や外傷自体を治すものではなく、鎮めるために使用される医薬品(内服薬)の総称です。

痛みの感覚の増幅を防いで痛みを鎮める、体温調節を正常に近い状態に戻して熱を下げる、または、炎症が発生している部位に作用して腫れ等の症状を和らげることを目的として、多くの解熱鎮痛薬では、 プロスタグランジンという物質の産生を抑える成分が配合されています。

痛みや発熱の症状について

痛みや発熱は病気そのものではなく、痛みは、一般的に病気や外傷等に対する警告信号として、発熱は、細菌やウイルス等の感染に対する生体の防御機能の1つとして引き起こされる症状です。

ただし、生理痛(月経痛)のように、必ずしも明確に病気が原因でない痛みもあります。

痛みや発熱の原因

痛みや発熱は、体内で産生されるプロスタグランジンというホルモンに類似した働きをする物質が、 痛みや病気の時に活発に産生されるのが原因です。

プロスタグランジンは、身体の各部位で発生した痛みが脳に伝わる際に、その痛みの信号を増幅させます。また、脳の下部にある体温を調節する温熱中枢に作用して、通常よりも高く体温が調節されるようにしたり、炎症の発生にも関与します。 よって、頭痛や関節痛の症状もプロスタグランジンの働きによって生じます。

解熱鎮痛薬の飲み方

一般用医薬品の解熱鎮痛薬は、複数の有効成分が配合されている製品が多く、他の解熱鎮痛薬やかぜ薬・鎮静薬・外用消炎鎮痛薬等と併用する、同じ成分または同種の作用を持つ成分が重複して、効き目が強すぎたり、副作用が起こりやすくなるおそれがあります。痛みどめと熱冷ましの薬を同時に飲むのはNGです。

アルコールと一緒に摂ると、アルコールの作用により胃の粘膜が荒れるため、アスピリン・アセトアミノフェン・イブプロフェン・イソプロピルアンチピリン等による胃腸障害が起こりやすくなります。アセトアミノフェンは、肝機能障害のリスクもでてきます。

解熱鎮痛薬の使用は、痛みや発熱を一時的に和らげる対症療法であって、原因を根本解決するものではありません。

例えば、発熱の場合は、激しい腹痛や下痢等の消化器症状、息苦しい等の呼吸器症状、排尿時の不快感等の泌尿器症状、発疹や痒み等の皮膚症状を伴っていたり、発熱が1週間以上続いている場合は 感染症や重大な病気のおそれがありますので注意しましょう。

なお、通常、体温が38℃以下であればひきつけや著しい体力の消耗のおそれはなく、平熱になるまで解熱鎮痛薬を使用する必要はないと考えます。

発汗に伴って、身体から水分や電解質が失われるので、吸収のよいスポーツドリンク等で、水分や電解質を補給することが重要です。

生理痛(月経痛)に関しては、年月の経過に伴って増悪していくような場合は、子宮内膜症等の病気の可能性があります。

頭痛に関しては、頭痛が頻繁に現れて、24時間以上続く場合や、解熱鎮痛薬を飲んでも痛みが抑えられない場合は、自己治療の範囲を超えています。頭痛は精神的なことでも起こりうるのですが、予防として解熱鎮痛薬を使用することは、薬への依存の形成につながるのでやめておきましょう。

解熱鎮痛薬を使用する場合は、胃への負担になるので、空腹時を避けることも重要です。

サリチル酸系解熱鎮痛成分の注意点

アスピリン(アセチルサリチル酸)・ザザピリン・エテンザミド・サリチルアミド等を総称してサリチル酸系解熱鎮痛成分と言います。

アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比べて、胃腸障害が起こりやすいとされています。

サリチル酸系解熱鎮痛成分はライ症候群の発生との関連性が示唆されているので、アスピリン(アスピリンアルミニウムも含む)・ザザピリンについては、一般用医薬品では小児(15歳未満)に対してはいかなる場合も使用してはいけないことになっています。

エテンザミド・サリチルアミドは、15歳未満の小児で水ほう(水ぼうそう)または、インフルエンザにかかっている疑いがある時は使用を避ける必要があります。

解熱鎮痛薬の配合成分

成分の種類 成分名
サリチル酸系解熱鎮痛成分 アスピリン(アセチルサリチル酸)・ザザピリン・エテンザミド・サリチルアミド等
アセトアミノフェン ----
イブプロフェン ----
ピリン系解熱鎮痛成分 イソプロピルアンチピリン
生薬成分 ジリュウ・シャクヤク・ボウイ・カンゾウ・カノコソウ等
制酸成分 ケイ酸アルミニウム・酸化マグネシウム・水酸化アルミニウムゲル・メタケイ酸アルミン酸マグネシウム等
骨格筋の緊張を和らげる成分 メトカルバモール
カフェイン類 無水カフェイン・安息香酸ナトリウムカフェイン等
ビタミン成分 ビタミンB1・B2・C等

アセトアミノフェンは、他の解熱鎮痛成分に比べ、胃腸障害が比較的少ないとされ、空腹時でも使用できる薬もあります。

イブプロフェンは、現在、一般用医薬品では小児向けの製品はありません。

△ページの最初に戻る ▼眠気に作用する薬
inserted by FC2 system